リックジーのフリースタイルダンジョン引退理由は?:現在の姿も調査

リックジーは若手のラッパーとして高校時代からラッパーが競うフリースタイルダンジョンで準優勝という記録を収めたラッパーだった。2017年にはフリースタイルダンジョンでは優勝を収めており、念願の勝利を掴むことに成功したのだった。ただ、その後フリースタイルダンジョンを引退宣言を行い、やむなく引退をしてしまったということだった。この記事ではそんなリックジーがフリースタイルダンジョン引退した理由や現在の姿も調査した結果について詳しくまとめている。

この記事の内容

1 リックジー 薬 まとめ

1.1 リックジー 薬 情報

1.2 リックジー 薬 APELILとの対戦

2 リックジー 現在 まとめ

2.1 リックジー 現在 引退の背景について

2.2 リックジー 現在 楽曲の代表作は?

3 リックジー フリースタイルダンジョン

3.1 リックジー フリースタイルダンジョン モンスターへの復讐

3.2 リックジー フリースタイルダンジョン クリティカルで優勝

4 リックジー 引退 まとめ

4.1 リックジー 引退 その時の思いとは?

4.2 リックジー 引退 その後の活動は?

5 リックジー れっこ 情報

5.1 リックジー れっこ 対戦結果は?

6 リックジー 音源 まとめ

6.1 リックジー 音源 人気あるのは?

7 フリースタイルダンジョン リックジー 100万

7.1 フリースタイルダンジョン リックジー 100万 空気感を変えた才能

8 リックジー 曲

8.1 リックジー 曲 最高と言われる理由は?

9 リックジー コペル まとめ

9.1 リックジー コペル 2018年12月31日フリースタイルダンジョンスペシャル

10 リックジー 高校生 ラップ

10.1 リックジー 高校生 ラップ 特徴は?

11 まとめ:リックジーのフリースタイルダンジョン引退理由は?:現在の姿も調査

mcバトルまとめちゃんねる

リックジー 薬 情報

リックジーが薬をやっているという情報がネットで流通したのだった。この情報は確かなものでは無いが、2017年12月にアップされた動画ではレベルの低いラップだという評判が立ち込めて、次第に最近同じ服を着て髪型も変えていないから薬をやっていると言われたのだった。実際に動画の中では白目を剥いて狂った様子で踊るリックジーが薬を決めていると思われる動画だった。ただこの動画では音源が日本では無い程のクオリティでかっこよくて海外寄りのラップを演じているだけだという意見もあって、賛否分かれるところだった。

リックジー 薬 APELILとの対戦

リックジーが薬という言葉を使って対戦をしたのがAPELILとの対戦だった。APELILは俺はヤクなんかキメてない 俺はずっと十分ラップ決めてるぜという言葉があったことが明かされている。ここでは俺はドラッグなんてキメていないということをリックジーが言い返すラップを披露していた。フリースタイルダンジョンにおいてはお互いが罵倒を繰り返す中で使われた言葉が話題になってリックジーが薬をやっているという評判が広がったということもあるのだった。

リックジー 現在 まとめ

ヒップホップLOVE

 

リックジー 現在 引退の背景について

リックジーは2017年1月に行われたKING OF KINGSの後にツイッターにて今後バトルに参加しない旨の引退を宣言したのだった。この時は高校生で若い時だったが、ファンから引退を惜しむ声が多くて引退して欲しくないという声があった。この後にはフリースタイルダンジョンで審査員だったKEN YHE 390の「DREAM BOY」からTrainspottingを発売していたのだった。

リックジー 現在 楽曲の代表作は?

リックジーは現在も活動を続けており、ヒップホップ音楽を引っ張る独自のレーベルであるZenknowを立ち上げたということが伝わっている。元々Youtubeを見てヒップホップを目指したというリックジーは次第に自分のやりたいと思うことをやるということを優先させたかったと明かした。現在ではYoutubeや音楽サイトで自身の音楽を公開させたりしているようだ。リックジーの代表曲はmellowakiraで、これは諦めろ(akiramello)を逆さにしたという言葉遊びをした曲である。曲にも自身の思いを逆さにしたという言葉を入れるのはリックジーらしいオリジナリティだと言える。

リックジー フリースタイルダンジョン

てみたーず

リックジー フリースタイルダンジョン モンスターへの復讐

3rd Seson Rec6-3ではリックジーはモンスターサイプレス上野 & DARTHREIDERとチャレンジャー スナフキン & Lick-Gとのタッグで挑んだラップ対決では、2ndステージまではかつ上がったものの、残念ながら3rdステージでモンスターに敗れてしまった。リックジーの存在感を見せて3戦中2戦の勝利を獲得したのだった。3rdステージは3on3の対決ということで、勝利を逃してしまったのだった。

リックジー フリースタイルダンジョン クリティカルで優勝

2018年5月リックジーは2代目のフリースタイルダンジョンで奇跡的な勝利を掴んだ。初代チャレンジャー晋平太に次ぐ勝利で、初代よりも強力なメンバーでFORK、輪入道、呂布カルマという強敵を相手にして、かなりな闘いを広げていたのだった。最初の1戦目はFORKに勝利が上がるものの、その後2ラウンド目では後攻を取り一気に畳みかけて一撃クリティカルで勝つという偉業を果たしたのだ。その後の試合は全てリックジーが現場の空気を支配して、クリティカルの流れで連勝を重ねていくということだった。リックジーのラップは音楽の流れに乗ってリズミカルな言葉で反論しながらも言葉の羅列に収まらず、音楽との一体感を流暢にこなす様子がとても心地よかった。あっさり勝利したことからもラップの才能に溢れているということが発見できたのだった。

リックジー 引退

MCバトル.com

リックジー 引退 その時の思いとは?

リックジーの引退は2017年1月KING OF KINGSの大会後にツイッター上で今後フリースタイルダンジョンのような大きな大会には参加しないという呟きから読み取れるものだった。高校時代から抜群なラップのスキルについて、卓越した才能と話題を呼んでいたもののこのツイートが注目されて引退を決めたことに惜しむ声も多かったというのだ。ただリックジーとしては元々音楽制作に対してのスキルを磨くというスタンスで、フリースタイルダンジョンの位置としては名前を売る手段であり、一時的なお金を獲得するためにやっていたということを明かしていた。その為、リックジー本人の本来の意図としては音楽制作をメインで活動として捉えていたことから、引退が持つ意味はリックジーが本来の道を見定めたということに繋がる通過点だった。

リックジー 引退 その後の活動は?

リックジーが引退した後の活動では音楽制作に力を入れているが、フリースタイルバトルは引き続き参加しており、変わらずに活動を音楽制作以外にも行っているようだ。あくまでも大きな大会に出場しないということであり、フリースタイルダンジョンの活動に参加しないということではなかったということだ。ただ、やはりフリースタイルダンジョンへの参加の意欲は少なくなっているようで、音楽制作という面にフォーカスされている。ヒップホップの先駆者となったリックジーがフリースタイルダンジョンから姿が薄くなっていくのは寂しいことだが、音楽制作という面で新たな音楽ができあがることが楽しみの一つである。

リックジー れっこ 情報

BAZOOKA 高校生ラップ選手権

リックジー れっこ 対戦結果は?

リックジーは2016年4月2日に裂固と第9回高校生選手権大会で決勝を争ったのである。この時のラップの様子が印象的だったので、一部紹介させていただくことにする。リックジーがこいつのラップdisが足んねぇよと言った後に裂固は俺はこの場所から独立直立で立っていくstyleと返して、裂固の独立感を強調して、この試合は裂固が優勝するという流れになるのである。当時リックジーもかなりリズミカルに流暢にラップを刻んでいたものの、一歩裂固がその場の空気を支配力で上回っていたのである。この時点ではまだ目覚めていないが、リックジーの連続クリティカルの空気支配の流れという勝利パターンが形成されていくことを次第に感じられ始める試合の1つだったのである。

リックジー 音源 まとめ

ヒップホップLOVE

リックジー 音源 人気あるのは?

リックジーの楽曲音源で最も人気高いのがkarasuだ。サビの部分の歌詞がとても良いので評判になっているのだ。『ああ、種よそんなとこで咲かないでこれは逆撫でなんかじゃないああ、友よまだ追うか儚い夢ここは墓場なんかじゃない』(Lick-G「Karasu」)という部分がとても人気だ。2位にはThere’sSomeHoesで、代表曲のMellow Akiraは6位にランクされているようだ。他にも音源として素晴らしいものが多いので、聴いてみるといいだろう。

フリースタイルダンジョン リックジー 100万

てみたーず

フリースタイルダンジョン リックジー 100万 空気感を変えた才能

2代目のフリースタイルダンジョンで優勝したリックジーは100万円の賞金を得ることができたのだった。当時の流れはリックジー一色で、リックジーのラップが空気感を変えていくのが明らかに分かったという声が多かった。始めこそFORKに負けたものの、次第に調子を上げていき、全てクリティカルでの勝利を掴んだということがストーリーにもなっていると言われている。この時の動画もまとめてあり、勝つまでの軌跡を表現した構成となり、当時のリックジーの勝利の様子がしっかり残されているので、確認してみるのもいいだろう。

リックジー 曲

BELONG Media

リックジー 曲 最高と言われる理由は?

リックジーの曲が最高と言われる理由としてはラップとしてのみならず楽曲自体の完成度の高さにあると言われている。具体的にはHip Hopのみならずパンクの要素も取り入れており、既存をぶち壊して新たな価値を作り出すことに専念しているところが評価されているのだ。フリースタイルダンジョンでもヘッドバンキングを繰り返して、壊れているような表現をしたところに対戦相手は批判をしてきたが、このスタイルで楽曲を体で表現するという姿勢に対して、楽曲としては評価を与えられているのだった。既知の分野から新たな開拓を行おうとするリックジーの楽曲に向き合う姿勢を応援していきたいものだ。

リックジー コペル まとめ

SPR

 

リックジー コペル 2018年12月31日フリースタイルダンジョンスペシャル

リックジーとコペルは2018年大晦日の日にフリースタイルダンジョンイベントでAbemaTVのイベントに参加していたのだった。このフリースタイルダンジョンでは3回勝負が行われていて、結果はリックジーの大勝利に終わるのである。この勝負もリックジーがコペルの攻撃をやんわりと交わして、自身の存在感を自然に表現した内容ですんなりと勝利を収める様子にリックジーの才能を感じることができたのだった。

リックジー 高校生 ラップ

KAI-YOU

リックジー 高校生 ラップ 特徴は?

リックジーのラップには高校生の時から特徴があるようだ。独自の韻を持っていて、音楽に合わせて音源を聴いているような軽快で自然な感じを抱くことだった。また相手側の発言ターンでは普通は睨め付けて落ち着かない様子なのが多いが、リックジーの場合は落ち着いてゆっくり相手のターンを観ていることが多いのである。このことから相手のターンからの返しをしっかり考えて、自身の言葉で返すという基本が成り立っていることがリックジーが強い理由だ。今までのHip Hopに無い新たな風を舞い込ませる才能の塊はこれからどこまで飛躍するのか、楽しみにしていきたいものだ。

まとめ:リックジーのフリースタイルダンジョン引退理由は?:現在の姿も調査

リックジーがHip Hopで高校生の頃から異色を放っていて、フリースタイルダンジョンでは引退したものの、存在感を露わにして新たなラップの歴史を作ったのだった。引退理由としてはフリースタイルダンジョンでの名前を表に出すこととお金を手に入れるという理由で大きな大会のフリースタイルダンジョンは去ってしまったが、ラップの楽曲を作り続け、大きな大会以外のフリースタイルダンジョンには参加して、再度優勝をしているところを見ると楽しさが溢れてくるようだ。現在はYoutubeでも楽曲を公開しながら、音源を作り続けているというので、聴いてみると今後のHip Hopを知る意味でも意味深いと思われる。