横手信一のゴールドマンサックスでの年収は?:祖父の家系図と現在を調査

横手信一さんは、ゴールドマンサックスで働くキャリアの男性である。上流国民と言われるような年収や生活を送っていると言われている。祖父は元総理の福田赳夫であり、その他、家系図上では総理大臣に関連する人物が3名いて、家系には政治家として裕福な家庭環境を過ごしている人物が多いのである。2006年にはフジテレビ元アナウンサー千野志麻さんと結婚しており、大変な人気を得ているということだ。この記事では横手信一さんが務めていると言われるゴールドマンサックスでの年収や祖父の家系図や現在の生活について詳しくまとめている。

マイベストフォーユー

この記事の内容

1 横手信一 ゴールドマンサックス 情報

1.1 横手信一 ゴールドマンサックス 年収は?

1.2 横手信一 ゴールドマンサックス 仕事の内容は?

2 横手信一 経歴 まとめ

2.1 横手信一 経歴 出身校や入社経緯は?

2.2 横手信一 経歴 就職後は?

3 横手信一 画像 まとめ

3.1 横手信一 画像 家系図は?

4 横手信一 ガン 情報

4.1 横手信一 ガン 病気の状況は?

4.2 横手信一 ガン 現在は?

5 横手信一 生年月日 まとめ

5.1 横手信一 生年月日 年齢は?

6 横手信一 年収 まとめ

6.1 横手信一 年収 現在は?

7 横手信一 祖父 まとめ

7.1 横手信一 祖父 政治家の恩恵は?

8 横手信一 現在 まとめ

8.1 横手信一 現在 政治界との接点は?

9 まとめ:横手信一のゴールドマンサックスでの年収は?:祖父の家系図と現在を調査

横手信一 ゴールドマンサックス まとめ

SECRET NOTE

横手信一 ゴールドマンサックス 年収は?

横手信一さんのゴールドマンサックスでの年収は2005年当時の金額で5000万円程だったと言われている。この頃は千野志麻さんと結婚をした時期であり、当時はマネージングディレクターという役職で38という年齢で年収が桁外れの金額だったとも言われたのである。ゴールドマンサックスでは初任給で実績を出せば1000万円を超える会社で、全てが実績主義なので金額は高いものの実績が思ったように出なかった場合には退職に追いやられるという会社だった。ただ、横手信一さんの場合には実績を出し続けており、年収は今でもそれくらいの金額を稼いでいると言われているのである。

横手信一 ゴールドマンサックス 仕事の内容は?

横手信一さんがなっていたマネージングディレクターという役職は、日本の会社でいうところの部長や取締役クラスの役職で、主に顧客開拓と計画の完遂に必要なサービスの先導や経営基盤を作り上げるという仕事になる。会社の価値を高める行動を目に見える形で整えて、顧客開拓に必要なシステムの構築やプロジェクトに説得力を持たせるようなサービスをリードしていくという動きになるので、結果として顧客受注や経営基盤の構築でシステムの効率的な運営とコスト削減ということが金額ベースで見える仕事を求められる。そのことから責任はかなり重く、とてもハードな仕事だと言われるが、その分報酬も跳ね上がっていくことが予想されるのである。

横手信一 経歴 まとめ

マイベストフォーユー

横手信一 経歴 出身校や入社経緯は?

横手信一さんの経歴としては、幼少期から慶応幼稚園から慶応で進学をして、大学は慶応義塾大学卒業となっている。そのため出身校は全て慶応小学校、慶応中学校、慶応義塾志木高等学校を経ての大学進学ということで、生粋の慶応出身者である。ゴールドマンサックスに入社したところを見ると慶応義塾大学では経済大学か法学部等の文系である可能性が高く、難関大学からの就職ということだった。ゴールドマンサックスはアメリカの外資系でも難関の就職先ということもあり、学生時代から国会議員の親族との繋がりからゴールドマンサックスに入るために画策をしていたと伝わっている。ただ、入社後には激務をこなし続け現在に至っているというのである。

横手信一 経歴 就職後は?

横手信一さんのゴールドマンサックスに入った経歴から、就職後についてはまた異色の経歴を覗かせることがあったのである。2007年8月に競走馬のセールに出向いて、JRAの競走馬を購入しており馬主になったという情報が伝わっている。そもそも競走馬の馬主になるためには過去2年間の年収が各年度ごとに1,700万円以上あり、保有資産が7,500万円以上あることという条件があり、この条件をクリアしているということが判明した。当時横手信一さんが購入した馬は女性の馬の牝馬で1,500万円と800万円の馬であることが伝わっており、馬主として新たな第一歩を踏み出したと言われているのである。

横手信一 画像 まとめ

にしうり はじめのブログ

横手信一 画像 家系図は?

横手信一さんの画像で家系図としては、内閣総理大臣だった祖父の福田赳夫さんが存在していてその子供としては、長男の康夫さんが元総理大臣であり、次男の征夫さんが横手信一さんの父親だった。そして、横手信一さんの弟である誠二さんは元総理大臣中曽根康弘の兄の孫娘と結婚していることから横手信一さんの家系には3名もの総理大臣に囲まれていることが分かるのである。また、福田赳夫さんの長女和子さんの夫越智通雄さんは経済企画庁の長官を務めた経験もあり、その息子の隆雄さんも国会議員となっているので、家系図から5名もの国会議員関係者ということが判明した。この家系が上流国民と呼ばれる所以で、横手信一さんが実際にゴールドマンサックスで活躍されているということもこの家系からの影響と言われており、そもそも総理大臣関係者ということで優遇されていると噂されているのである。

横手信一 ガン 情報

HACHI8

横手信一 ガン 病気の状況は?

当時46歳だった横手信一さんは、2014年5月程に深刻な病気を患っているということが発覚した。これはガンということが判明したと公表され、病気がガンということもあり治療するために放射線治療を試みて完治を目指すという運びになった。当時子供たちが幼稚園になろうとしていたところで大変な時期だったようで、休みも取れずに通院を毎日繰り返したということである。驚くべきことにゴールドマンサックスの激務をこなしながら通院を繰り返して治療を行っていたことが伝わっており、このことからも横手信一さんが家族の大黒柱として家計を支えていたことが判明した。妻の千野志麻さんが2013年に車の運転で事故を起こして運転過失致死傷罪に問われていたことからも相手の遺族への補償ということから資金が必要だったことが想定されたのである。当時横手信一さんはガンの通院を行うことで、病気を克服したことが伝わっている。

横手信一 ガン 現在は?

横手信一さんが通院を行いガン治療を行ったことで、現在では完治しているという情報が伝わっている。ガンという病気の性質上再発の可能性もあるが、現状では一旦落ち着いており問題は無いようである。当時ガンが発症した際、横手信一さんは家計を支えるためにゴールドマンサックスを辞めることなく仕事を通常通り行いながら克服したことは素晴らしい。この背景には妻の千野志麻さんの事故補償もあるが、子供を自分が卒業した慶応幼稚園に入れさせて別荘の代金を支払う必要があったということもその一因だったようである。別荘は軽井沢にあったということで、この場所で千野志麻さんはパーティーを開いてママ友との誕生会を行ったということからある意味妻の体裁を保つために仕事をこなしていたということが分かる。ただ、この一件以来家族には平安が訪れ、病気の治療をゴールドマンサックスでの高年収を保った状態で克服したことは横手信一さんの人生にとっては大きなメリットとなったようである。

横手信一 生年月日 まとめ

マイベストフォーユー

横手信一 生年月日 年齢は?

横手信一さんの生年月日としては、芸能人では無いことから公開はされていないことで月日については明らかではなかった。生年は1967年で、2022年現在の年齢は55歳だということが分かっているのである。横手信一さんが結婚した千野志麻さんは1977年8月9日ということが伝わっていることから10歳年差婚だということが分かる。

横手信一 年収 まとめ

アスネタ!

横手信一 年収 現在は?

横手信一さんの年収は38歳時点では5,000万円といわれているが、現在ではどれくらいなのかを調べてみた。本人の年収ということでは調べることができなかったものの、ゴールドマンサックス日本支社の社長持田昌典さんの年収が8億円と伝えられていることを考えると、横手信一さんの年収も1億程になっているのでは無いかと予想されるのである。実は2018年に横手信一さんがCEO交代と言われた頃にアメリカ本社に幹部であった横手信一さんを連れて時期CEOのデービットソロモンに訪問したということが伝わっていた。この場では英語会話の拙さを指摘されてゴールドマンサックス日本支社の時期CEOにはふさわしくないとダメ出しをされたとされているものの、この場に出た横手信一さんが今後重役になる可能性を匂わせる証明にもなると考えられる。年収という面において今後上昇が予想される横手信一さんの行動である。

横手信一 祖父 まとめ

はてなブックマーク

横手信一 祖父 政治家の恩恵は?

横手信一さんの祖父が元総理大臣だったということもあり、横手信一さんにとっては多くの恩恵をもたらす結果となった。学歴として慶応義塾の一貫教育をしているということも名門家の特徴で、この点が経歴のゴールドマンサックスに入社する上での契機となったようである。また国会議員の家系から日本で有数の実力者としてゴールドマンサックスという会社での入社が認められるという恩恵も大きいだろう。一番大きく恩恵を受けたのは、妻の千野志麻さんが2013年に事故を起こしてしまった時に傷害致死罪となったことで、略式裁判で100万円の罰金刑で終わったということである。通常であれば人を一方的に轢いて亡くした場合には身柄拘束の刑罰が下るのであるが、ここでも国会議員の嫁ということで身柄拘束がされない刑罰の処分となっていたということが大きな恩恵があった。国会議員という性質上表ざたにならないように資金で解決できるということもこの事件には絡んでおり、そのことで横手信一さんがゴールドマンサックスで変わらずに働けることに繋がっているのである。

横手信一 現在 まとめ

アスネタ!

横手信一 現在 政治界との接点は?

横手信一さんは、現在でもゴールドマンサックスで働いていると伝わっている。プライベートでは千野志麻さんと結婚をされて3名の子供を持っているということで、子供はいずれも慶応義塾幼稚園に通わせていると伝えられている。そんな横手信一さんは政治界との接点が気になるところである。ゴールドマンサックスではCEOという立場にはまだなれないものの、政治界との接点からゴールドマンサックスで重要な役職に就くということは考えられ、その点から現在の動向が注目される。今後横手信一さんの動向を含め注目していくことで新たな情報が伝わった際には追記させていただくことにする。

まとめ:横手信一のゴールドマンサックスでの年収は?:祖父の家系図と現在を調査

横手信一さんが38歳の頃のゴールドマンサックスで年収としては5,000万円と伝えられたということで、現在では1億とも言われる横手信一さんである。祖父は元総理大臣の福田赳夫さんだったことからも家系としては国会議員の親族が多く、そのことからもゴールドマンサックスという会社では重要なポジションで働いていることが伝わっている。一時期2013年に妻の千野志麻さんが起こした運転過失致死傷罪では有罪判決とはなったものの、略式裁判で100万円の罰金刑のみで済んだことからも国会議員の家系であるメリットは多く、今後も横手信一さんにとっては有利なキャリアを積むことができそうであることが伝わっている。現在では3名の子供も自身が通った慶応義塾幼稚園に預けていることからも今後子供たちの成長も含め楽しみで、横手信一さんとその家系の活躍が期待されるところである。