葉山隼人俺ガイルで本当に好きな人Yとは?:名言や最後のネタバレも

葉山隼人は俺ガイルというアニメのキャラで、総武高校2年F組の主人公比企谷八幡と同級生だった。アニメの中ではリア充の設定で描かれており、当初は比企谷八幡のことを呼び方を違った呼び名で呼んでいたり、少し軽くみていた。ただ、その後自身とは違った能力や力を持っていることに気付き始め、尊敬しあいながらも正反対の性格でいがみ合うという人物だ。この記事ではそんな葉山隼人がアニメ俺ガイルで本当に好きだと言われるイニシャルyの人物や葉山隼人が話した名言やアニメの最後のネタバレについて詳しくまとめている。

TBS番組表

この記事の内容

1 葉山隼人 声優 まとめ

1.1 葉山隼人 声優 情報

1.2 葉山隼人 声優 変更は?

2 葉山隼人 好きな人 Y まとめ

2.1 葉山隼人 好きな人 Y 誰が好きな人?

2.2 葉山隼人 好きな人 Y 誰なのかを予想

3 葉山隼人 身長 まとめ

3.1 葉山隼人 身長 プロフィール等

3.2 葉山隼人 身長 その他のキャラクターの身長は?

4 葉山隼人 ネタバレ まとめ

4.1 葉山隼人 ネタバレ 俺ガイルの最後はどうなる?

4.2 葉山隼人 ネタバレ 葉山の最後は?

5 葉山隼人 雪ノ下はるの まとめ

5.1 葉山隼人 雪ノ下はるの 情報

5.2 葉山隼人 雪ノ下はるの 葉山隼人との関係は?

6 葉山隼人の双子の兄 まとめ

6.1 葉山隼人の双子の兄 ストーリー設定は?

6.2 葉山隼人の双子の兄 ネタバレ最終は?

7 葉山隼人 名言

7.1 葉山隼人 名言 最も心に残った名言は?

8 葉山隼人 進路

8.1 葉山隼人 進路 選ばない理由は?

9 葉山隼人 最後

9.1 葉山隼人 最後 八幡の選択をどう受け止めた?

10 まとめ:葉山隼人俺ガイルで本当に好きな人yとは?:名言や最後のネタバレも

葉山隼人 声優 まとめ

frequ

葉山隼人 声優 情報

俺ガイルの葉山隼人の声優は近藤隆さんが行っていた。葉山隼人の声優として歌も唄っていた。それはregretという曲で過去の恋愛での後悔の思いを綴った歌である。アニメでは葉山隼人が主人公の役では無いがテーマソングを唄い、テレビアニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』をリリースした。この歌を公開し、葉山隼人というキャラの設定がしっかり反映された歌となっていたのだった。

葉山隼人 声優 変更は?

アニメの声優は変更があることが多いものだ。アニメ俺ガイルでの声優は変更があるのかを調べてみたものの、声優の変更は無かったようだ。ただ、今後の続編では声優の変更は出てくるかもしれないのだが、葉山隼人は声優の変更は無いと思われる。それは葉山隼人の声優である佐藤隆がオリジナリティーの高いものだからである。アニメ声優が変わるということが多いのも確かだが、俺ガイルの声優の変更が無いのもアニメ自体の人気が高いことに起因しているということができると思われる。

葉山隼人 好きな人 Y まとめ

あずきのアニメ日和

葉山隼人 好きな人 Y 誰が好きな人?

俺ガイルでの葉山隼人が好きな人でYというイニシャルを持った人物が誰なのかということを調べてみたのだった。その人物を調べたところ、三浦由美子、由比ヶ浜結衣、雪ノ下雪乃、雪ノ下陽乃、材木座義輝の6名があがってくる。その内1名は男性で5名が女性だった。ただ、この候補者の誰が対象者なのかとなると原作では描かれていないことが分かった。おそらく男性では無く女性だろうが、その候補者が誰なのかという明確な答えが無いことが現実だった。

葉山隼人 好きな人 Y 誰なのかを予想

葉山隼人が好きなイニシャルyが誰なのかというところについては、予想としては由比ヶ浜結衣と雪ノ下雪乃が挙げられる。理由としては、2人ともイニシャルの姓と名の両方ともyというイニシャルだからだ。ストーリー展開からすると雪ノ下雪乃が一番その可能性が高いと言えるのだが、葉山隼人の勘違いで好きな人では無かったと言われた内容に繋がることから、ストーリーとしては好きな人とは言えないかもしれないのである。雪ノ下雪乃は最初葉山隼人と過去にあった事件でよそよそしくしている場面もあることから、片思いで思いを寄せていたものの、実際には好きでは無く憧れの人だったというオチも考えられる。物語の展開からは雪ノ下陽乃ということも考えられるものの、原作中でも明らかにされていないことから、この部分は闇に葬られてしまった内容だと言えるのだ。

葉山隼人 身長 まとめ

BiBi

葉山隼人 身長 プロフィール等

葉山隼人の身長は178㎝である。B型の9月28日生まれで茶髪の高校生だ。リア充のキャラで友人たちグループのまとめ役をやっていて、時期部長候補ということやイケメンだということで中心的な存在として描かれている。落ち着いた性格ということで一貫しており、主役の八幡とは全く対極的な性格と言われているものの、友好的に接し喧嘩をするような素振りは全く見せなかったのだった。ただ、比企谷八幡(ヒキガヤマチマン)のことをヒキタニ君と呼んでいたことからなめていると思われていたこともあり、八幡からはあまりよく思われていたなかった。

葉山隼人 身長 その他のキャラクターの身長は?

主役の比企谷八幡は171㎝、恋人候補の雪ノ下雪乃は160㎝、その他由比ヶ浜結衣154㎝、三浦由美子は167㎝、由比ヶ浜結衣は154㎝、材木座義輝176㎝、雪ノ下陽乃165㎝と言われている。あくまでも目安の大きさということで予想ではあるが、ほぼアニメ中の身長で描かれている内容となるので、大きくは違わないと思われる。こうして見ると葉山隼人の身長はキャラクターの中でも一番高い部類で、イケメンということもありリア充を現わしたような身長となっているのだった。主役の比企谷八幡が葉山隼人に対してひがむという展開が予め設定してあったことにも身長が一因となっていたようだ。

葉山隼人 ネタバレ まとめ

飄々図書室

葉山隼人 ネタバレ 俺ガイルの最後はどうなる?

俺ガイルの最後には比企谷八幡が雪ノ下雪乃の傍にいることを選択し、雪乃に告白するという最後となっている。この告白で雪乃は八幡の人生を貰うということを話し、二人は結ばれるという展開だった。また雪乃が所属していた奉仕部にて由比ヶ浜が八幡たちと向かい続けることを選んで、由比ヶ浜も八幡と雪乃の中に溶け込むという展開で終わったのだった。結果としてハッピーエンドで終了し、八幡の妹の小町が奉仕部の部長になるという展開でその後の話しとなっていった。

葉山隼人 ネタバレ 葉山の最後は?

葉山隼人は常に八幡の逆を行くという人物像で、八幡は葉山隼人のことを嫌っているにも関わらず葉山は八幡を尊敬しているということとなっていた。最後に葉山はそれでも俺は何も選ばないというセリフを残しているが、この意味は八幡のいうことを聞いて行動すれば、望むものを全て手に入れられたにも関わらずそれで八幡が傷つくことを認めないという意味だった。自身が望むものを手に入れる反面、尊敬する人が傷つくことを受け入れられずに自身の望みでは無いが、もう俺は何も選ばないと宣言することで、八幡の望むものとバッティングすることを避けるという意思を持っていたことが明らかになったのだった。葉山隼人の信念として何度も八幡に助けられたのに助けた八幡が傷つくことは絶対にしたくないという信念だったことから、八幡から言われたことは選ばないということに繋がったのだ。

葉山隼人 雪ノ下はるの まとめ

moemee

葉山隼人 雪ノ下はるの 情報

葉山隼人とは雪ノ下陽之(はるの)は慣れ親しい関係で、二人はそれぞれ知り合いだった。雪ノ下陽之は雪乃の実姉で比企谷八幡より3つ上の年齢となっており、八幡と雪乃を付き合わせようとしていたと描写されているのだった。成績や音楽の才能も雪乃と同様に高いのだが、社交性の高さは上辺だけの見せかけで本心は冷血だということが描写されている。隼人との関係は慣れ親しいというところだが、雪乃との対比もかなりされていることから、八幡は陽之のことを一瞬で本質を見抜いており、陽之が冷たいということを看破していることがとても印象的だった。

葉山隼人 雪ノ下はるの 葉山隼人との関係は?

葉山隼人は雪ノ下雪乃と付き合っていると噂された小学校時代があり、その時に雪乃がその噂でいじめられていることを知りつつも自身が守ろうとするともっといじめられるということを知り、何もできないでいたのだった。この時に妹がいじめられていて何もしない葉山隼人に対して軽蔑していた雪ノ下陽之は葉山隼人のことを嫌いになっていたのだ。そして、葉山隼人が八幡に尊敬する理由もここにあり、いじめられる雪ノ下雪乃をいじめられているところを救うということをしたことが葉山ができないことだったと言われている。葉山隼人と雪ノ下陽之との関係は、妹を守ることができない敵視する関係だった。

葉山隼人の双子の兄 まとめ

葉山隼人 の注目ツイート

葉山隼人の双子の兄 ストーリー設定は?

葉山隼人の双子の兄という別のストーリーが明かされている。これは俺ガイルとは別でパラレルワールド的なまた違う中学生時代を送った場合の物語と言われており、隼人の兄の綾人の別ストーリーだった。全く違ったストーリーが繰り広げられており、あくまでも個人誌のレベルでストーリーが作られていることからも俺ガイルとは違った内容である。俺ガイルでの葉山隼人というキャラを一方的に壊したことから、兄キャラの綾人が隼人という人物像を取り返しにいくというストーリー展開のようだったので、気になるようなら一度観てみると楽しめるかもしれない内容だ。

葉山隼人の双子の兄 ネタバレ最終は?

葉山隼人の双子の兄綾人は最後に雪ノ下陽之と結ばれて、原作で結ばれた比企谷八幡と雪ノ下雪乃と一緒に仲良く最後はバレンタインデーでの告白ということで終わっていくのだった。原作で葉山隼人があまりにも比企谷八幡に適わないということであっけなくストーリーから離脱してしまったことから綾人という別キャラが最後にふさわしい結末の恋愛対象となったことで、別ストーリーとなったのだった。原作を拝借した形でのアナザーストーリーではあるものの、読者の中には望む声もあることから、このストーリーを楽しむ声が多かった。

葉山隼人 名言

アニメとマンガの名言サイト

葉山隼人 名言 最も心に残った名言は?

葉山隼人が話した名言で一番心に残る名言には、「それでも、俺は選ばない、何も。それが一番いい方法だと信じてる」という言葉で、これは比企谷八幡の助けで自身が欲しいものが全て手に入るという状況で話した言葉となり、比企谷八幡が苦しむ場面を招いてしまうことに対して納得しない葉山隼人が発した言葉である。この言葉は強い言葉で、選ばないということも自分にとっては望みでは無いにしても、自分の信念から選ばないという言葉を引き出すことで、比企谷八幡がうまく行くことを望んで自分を無にしても相手のためを思うことを現わした言葉であることが感動を呼ぶ内容である。

葉山隼人 進路

飄々図書室

葉山隼人 進路 選ばない理由は?

葉山隼人が進路で選ばないと話した理由としては、進路を文系と話せば理系を選ぶと期待していたことに背くことになるし、理系と話せば文系を選ぶと期待していた人に背くことになるからだった。つまりは葉山隼人は人の期待通りの行動しかできなくなっていたことがその理由となるのである。実際に物語では文系を選ぶが、自身の言葉としては選ばないという言葉で曇らせることが必要となったのだった。

葉山隼人 最後

アニメメガホン

葉山隼人 最後 八幡の選択をどう受け止めた?

葉山隼人の最後としては、比企谷八幡の最後に雪乃に一緒にいて欲しいと告白したことでほっとした表情となっていた。小学生の頃に雪乃がいじめられているところに何もできないでいて後悔していたという思いを最後に比企谷八幡に託すことができたことから報われた思いだったようだ。葉山の心には陽之がいて、妹がいじめられているところを救えなかったことから陽之には偽物と思われて、嫌がられていたことを悔やんでいたようだった。でも最後には雪乃に真正面から当たった比企谷八幡に救われたという思いが葉山隼人の最後だ。

 

まとめ:葉山隼人俺ガイルで本当に好きな人yとは?:名言や最後のネタバレも

 

俺ガイルで葉山隼人が本当に好きな人がイニシャルyということでその人物を探していたものの、明確な物語中での描写は皆無だった。ただ、物語中で最後に心の中にいた人物が雪ノ下陽之だということから彼女の可能性も高かったと言われる。名言も自身の進路に関する選択をしないことを発言する内容が葉山隼人の意思を感じられる言葉として受け止められ、俺ガイルの物語自体をヒューマンドラマのように引き上げる言葉となっていた。最後のシーンでは雪乃と比企谷八幡とが結ばれることを自身が引きずっていた後悔を晴らすことができた喜びとして写っており、このことからもハッピーエンドの影響を受けつつ、葉山隼人という人物のキャラを表に出す結果となったように思えるのだった。